[抜け毛の量は正しいですか?シャンプーで脱毛症を治す5つの方法]

 

髪は人の第二の顔です!

誰もがフルヘアを望んでいます、

メンテナンスは常にクリーニングから始まります、

あなたはいくつのことを正しくしましたか?

 

1.結び目や引っ張りによる脱毛を避けるために、最初に櫛で梳きます。

一日中走り回った後、髪は油っぽく、結ばれ、ほこりで汚染されます。直接髪を洗うと、不適切な引っ張りによって脱毛を引き起こしやすくなります。
ヒント:コームの選択では、快適なワイドコームを選択してください。髪をとかすときは、最初に髪の中央と後端をとかし、次に根元から最後まで順番に髪をとかすのが最善です。

2.自分の髪の質に応じて、適切なシャンプーを選択してください。

一般的な「油性頭皮」「中性頭皮」「乾燥頭皮」に加え、扱いにくい「敏感頭皮」「脂漏性頭皮」に分類されます。
ヒント:シャンプーの選択の原則である頭皮の種類に関係なく、適度な洗浄力を備えたものを選択し、刺激性物質をできるだけ避けることが最善です。最も簡単な方法は、「洗浄後、乾燥しすぎてかゆみや鱗屑が発生しない」と判断することです。

3.頭皮を定期的に角質除去して、最良の状態に保ちます。

頭皮は体の他の部分の皮膚と同じです。最も外側の「角質層」は、皮膚を保護するという重要な役割を担っています。したがって、角質層が特定の周期に達したとき、皮膚の代謝を維持するために古い死んだケラチンを精製する必要があります。
ヒント:ケラチンクレンジング製品には数百種類あります。粒状のスクラブにした「物理的ケラチンクレンジング」があります。または、「化学的ケラチンクレンジング」で頭皮を優しくクレンジングする低濃度の酸性物質を含めることもできます。

4.寒いので、お湯で髪を洗わないでください。

髪がお湯に触れると、通常より弾力性が低下し、折れやすくなります。また、髪質に深刻なダメージを与え、縮れや縮れを引き起こす可能性があります。
ヒント:ほとんどの人にとって、最良の方法は36°Cから38°Cの温水ですすぎ、髪を洗った後、最後のすすぎに冷水を使用して毛穴と鱗を閉じることです。

5.押して髪を乾かし、こすったり引っ張ったりしないでください。

髪のメンテナンスには、濡れたときにタオルを使って髪を「こする」のが最もNGです。髪を強く引っ張ると、表皮に傷跡が残るだけでなく、髪の破損の主な原因にもなります。
ヒント:タオルで髪を拭くときは、動きを穏やかにし、「パッチ」と「プレス」で余分な水分を拭き取ってください。

急いでメモを取る

あなたの何千もの髪の世話をしてください