【やめて!果物や野菜を塗ると顔が真っ黒になりますか? 】

 

誰もがこの都市伝説について聞いたことがある
「きゅうりのスライスは顔に適用されます➡保湿と美白」
役に立たないですか?
本当じゃないですか?

 

 

ビタミンCは非常に速く酸化し、白くなる可能性はわずかです
果物がカットされた直後に、ビタミンCの急速な酸化のために果物の肉はゆっくりと黄色に変わります。そのため、天然の果物や野菜を使って顔を圧迫すると、ほとんどのビタミンCが酸化し始め、美白効果が得られる可能性は非常に低くなります。

 

栄養は表皮で止まるだけで、吸収効果は大きくありません
メンテナンスは表面だけで行うことはできませんが、表皮の奥深くまで行き、メラニンの伝導を遮断する必要があり、ホワイトニングが効果的です。しかし、天然の果物や野菜を顔に塗ると、皮膚は高分子量の物質を吸収できず、エッセンス成分の多くは表面の周辺にしか存在しないため、美白効果はあまりありません。

 

塗った後は洗い流さず、日焼け後はさらに暗くなりました。
レモン、オレンジなどの感光性のある果物。この種の果物を適用した後、それが完全に洗浄されて太陽にさらされない場合、それは暗い顔に変わり、「植物ベースの光線過敏性皮膚炎」を引き起こすことさえあります。

 

そのため、フルーツスライスを使ってフェイシャルマスクを作った後、肌が「潤い」を感じ、一時的な錯覚になりますので、メンテナンスは丁寧に行ってください!